鼻中隔延長(鼻先を下に延ばす)

鼻中隔延長(鼻先を下に延ばす)

鼻中隔というのは鼻の穴を左右に分けている軟骨です。この軟骨が小さい場合は、いわゆる”ブタ鼻”になります。これを治すのが、「鼻中隔延長」です。

鼻先治療には、耳介軟骨移植もあります。こちらとの違いは、鼻先を延ばす長さ。鼻中隔延長の方が、より長く下に延ばすことができます。

特徴

  • 耳の内側より耳介軟骨を採取する為、傷跡は目立ちません。
  • 採取した耳介軟骨の移植先は鼻先。
  • 強い腫れは2~3日(個人差あり)。

効果

  • 半永久的にすっきりとした鼻が手に入る。
  • 正面から鼻の穴が見えるという悩み解消
  • シャープな印象になる。

ケーブル法:イラスト

施術に関して

施術時間約60分
麻酔局所麻酔
術後の腫れ強い腫れは2~3日(個人差あり)
術後の通院1回
カウンセリング当日の治療可能
シャワー、洗髪当日より可能

ご質問・お問合せはお電話またはE-mailで。0120-449-930 メール相談は無料