メソセラピー

メソセラピー

メソセラピーとは、ペインコントロール(痛みの治療)として、1952 年にフランスの医師Michel Pistol博士が開発した注射療法です。

治療部位に直接、有効成分を少量ずつ注入するため、顔、首を始め、身体の各部位の改善に適し、医療における一つの選択肢として世界19カ国で認められています。1987年にはフランス医療学会が治療法とみなして大学医学部で教えるようになり スポーツ外傷学の学位となり大学で学位が授与されています。

最近になり、セルライト減少の薬や脂肪溶解注射を用いることにより 部分やせが出来るという報告がなされ、今ではヨーロッパやアメリカ、南米等で大人気の治療となっています。

メソセラピーの治療法と効果

  • 他院のメソセラピー注射とは配合薬が違い、高い効果が期待出来ます。
  • メソセラピー(脂肪溶解注射)は、気になる箇所に注射をするだけで脂肪吸引と同じように皮下脂肪を減少させることができます。
  • 腕にする注射より、もっと細い注射針を使用し、肌の表面に注射を打つため、痛みを感じることはほとんどありません。一般的なダイエット法による疲れ、虚弱感なども無く、セルライト脂肪や、その中にある毒性物質も取り除くというメリットもあります。
  • 食事制限をする必要がなく、規則的な食生活をしながらも1ヶ月ほどの治療で脂肪が減少します。
  • 治療時間はわずか5分程度なので、仕事帰りや買い物ついでに気軽に施術を受けることが 出来ます。またダウンタイムもほとんどありません。
  • 気になる部分に薬剤を注入後、溶解された脂肪細胞は薬剤と共に血中の吸収を経て体外へと排出されます。効果や持続については組織そのものが解ける為、リバウンドの心配もありません。

Before After

Before After

ご質問・お問合せはお電話またはE-mailで。0120-449-930 メール相談は無料