目頭切開法(インターナルメソッド)

目頭切開法(インターナルメソッド)

平行型の二重になりたい方、目を大きくしたい方、目と目の間が離れている方には目頭切開法が効果的です。アジア系の人種が西洋系の人種に比べて、目が小さく見える理由のひとつに『蒙古(もうこ)ひだ』と呼ばれる目頭側の皮膚の存在が関係しています。

上瞼から目頭に向かって皮膚が覆い被さっている為、目が小さく見え、目と目の間に距離感があるため、鼻筋も低く見えてしまいます。

また、平行型の二重を希望しても目頭までのラインがきれいに出づらい原因となります。
この『蒙古ひだ』を取り除くことにより、その方のご希望に合わせたラインをお作りして、華やかな印象を与える目元になれます。

蒙古ひだ

蒙古ひだ図目の縦幅ばかりでなく横幅も大きくなります。
切開する方法は多数ありますが、一人ひとりの目の形や状態に合わせて、その方に一番合った方法をご提案させて頂きます。

メスを使った手術を希望されない方へ

メスを使うのにどうしても抵抗がある方は、目と目の間の部分にアクアジェルを注入するプチ整形で、鼻筋を通し目元の印象を変える方法もございます。目と目の間が離れている方でも、必ずしも目頭切開をお勧めしているわけではありません。当院においては、経験豊富なドクターが、その方のご希望やお目元に合わせたご提案を行っています。

目頭切開法(インターナルメソッド) Before After

Before After

ご質問・お問合せはお電話またはE-mailで。0120-449-930 メール相談は無料