眼瞼下垂修正法

眼瞼下垂修正法

『眼瞼下垂(がんけんかすい)』という言葉を初めて耳にする方も多いのではないでしょうか。

これは瞼の病気で、先天性の場合と後天性の場合があります。瞼を上げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなり、瞼が下がって目を開けにくくなる状態を言います。また、生まれつきの場合もございますので専門医のカウンセリングを受ける事をお勧めします。

眼瞼下垂修正法が適している方

  1. 眼が開きにくい、年齢とともに小さくなってきた。
  2. 上まぶたのくぼみが出てきた。
  3. 目を開けると額にシワが出来やすい。
  4. 夕方になると額や目の奥が痛くなる。
  5. 肩こり、偏頭痛が出やすい。

こういった症状の方の多くは眼瞼下垂の可能性がありますので、専門医によるカウンセリングをお勧めします。

眼瞼下垂修正法 Before After

眼瞼下垂修正法 Before After図眼瞼下垂の手術は、緩んでしまった上瞼の筋肉を縫い縮める方法が主流です。傷跡は二重のライン上ですので、目立ちません。状態に合わせて、瞼の裏側から筋肉を引き上げる独自の方法もございます。

ご質問・お問合せはお電話またはE-mailで。0120-449-930 メール相談は無料